プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

犬の食育。




ご飯を食べない犬の話、よく聞きます。


なぜ食べないのでしょう?


体に不調がある場合は獣医さんに相談し、その不調を取り除いてあげる必要があります。


そうではない場合は…。


『食育』です。


生き物は本能として『食べる』とゆう行動が備わっているのです。

その本能を崩してしまうようなご飯の与え方をしていませんか?


ご飯は食べないけど、おやつは食べる。

これは『食育』が不十分です。


ご飯を食べない→お腹か減って可哀想→おやつをあげる。

おやつはご飯よりも嗜好性が高く作られています。

『ご飯を食べなくても美味しいおやつがもらえるからいいやぁ』となってしまいます。


そして、食べないからご飯のお皿をいつまでも置いている。
これは『いつでも食べれるから今食べなくてもいいやぁ』となります。

食べても食べなくても一定の時間を決めてお皿は引きましょう。


これらは、犬がワガママとかグルメとゆうことではなく、そうゆう育て方をした結果なのです。




環境が変わると食べない犬。

これはキャパが狭いとゆうことです。

どこかに預けられた時の環境に対応できる犬に育てなくてはいけません。

ペットホテルのほとんどは、ケージの中での預かりだと思います。

家でフリーで過ごしている犬が、急にケージにいれられたら?
環境の変化に戸惑い食も細くなってしまいます。


普段からハウストレーニングをすること、どんな環境でも『食べる』ことができる犬に育てましょう。



今は色んなフードがあります。
『食べないからフードと変える』のもひとつの方法ですが、『フードの与え方』を考え直してみることも大切です。

『食べなくてお腹か減って可哀想』ではなく、『今、食べないならもうないよ!』とゆうのが食育なのです。
そうやって『食べる本能』を育てるのです。



『おかわりちょうだい』ゆうてます(笑)
20150316094942e28.jpg





出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





読んだよクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR