プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

犬の個性。




しつけには犬を『観察』することが必要です。



『この子はこれから何をしようとしているのだろう?』と観察してみてください。



先日、アウトレット散歩をしたバーニーズのJちゃん。

目標物を見つけて突っ込んで行く前にちょっとした『クセ』があります。
人で言う『二度見』をするのです。
すごく小さな動きなのですが、この動きをしたら警告します。

興奮の芽が小さいうちに摘んでしまうのです。



蘭丸は前足だけ少し跳ねます(笑)
分かりやすいですね。

大和は尻尾と耳がピクっと動きます。
一般的な前兆です。

犬によって色んな前兆がみられます。

これらの動きを見逃さずに対応すると『興奮』からくる問題は解決します。


NOを伝えるテクニックもいりますが、まずは観察。

犬を『知る』とゆうことですね。





スウェーデンに研修に行ったとき、臭気選別のトレーニングを見学しました。

正解の缶を見つけたときに『これが正解』と知らせる動きが犬によって違いました。
鼻でツンツンする子、前足をパタパタする子と表現が様々なのです。

まずは、犬が正解を見つけたときにする行動を観察するそうです。


前足パタパタの可愛い子。
20150309082435e29.jpg



この子が正解を知らせる合図『前足パタパタ』はすごく速い動きでした。
それをしっかり見抜いてご褒美をあげる…普段から観察していないとできない事ですね。
犬の個性を壊さずにトレーニングをすることに、さすがだなぁと感心しました。



犬を『知る』とゆうのは観察から始まります。
観察するからこそ『なんで?』とゆう疑問が出てきて犬を理解してあげることができるのです。




犬の個性。

その個性を壊さずにより良い方向へ導いてあげましょう。




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村














スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR