プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウストレーニングとハウス『レスト』トレーニング。



ハウストレーニングとは?

ハウスに入る事を教える、ハウスで待つ事を教えるトレーニングです。
おやつで誘導し、入ったら褒める。少しずつ中にいる時間を伸ばしていきます。
ドアを閉めてすぐに開けて…褒めながら、閉じ込められている感覚をなくしていきます。



でわ、ハウス『レスト』トレーニングとは?

ハウスの中では『スイッチを切る』と教えるトレーニングです。
よほどハウスが嫌いな子でなければリードで誘導します。ハウス自体に入ってくれない子は『おやつで誘導』から始めましょう。

1.『ハウス』と声をかけ、リードで誘導しながら中に入れます。
2.入ったらすかさずおやつ。
3.食べたら『いいよ』と声をかけすぐに外に出します。
4.外に出たらすぐさま『1』に戻る。

テンポよく誘導するのがコツです。


これを永遠と繰り返します。
ハウストレーニングと違うところは、ドアは開けっぱなしです。
ドアが閉まっているから出ないのではなく、犬に『出たくない』と思わせるのです。

繰り返していると、『いいよ』と声をかけて外に出そうとしても出てこなくなるはずです。
そうなれば完成。



なぜ出てこなくなるかとゆうと…。


犬は『先読み』が出来る動物です。

何度も何度も繰り返しているうちに、『外に出てもどうせハウスに入れって言うんやろー。おやつもらえるし、初めからハウスに居たほうがええわぁー』となる訳です。

入れと言われたから入る、待てといわれたから待つのではなく、『ここに居たい』とゆう心理を育てます。
犬の『行動』ではなく『心』を変化させるのです。


犬に『ハウスに居たほうがいい』と思わせることが『ハウスレストトレーニング』なのです。


違いが伝わったでしょうか?



ハウスでお留守番ができない、夜はおとなしく寝てくれないなどのお悩みがあれば試してみて下さい。


うまくいかないなーと思ったらコチラに相談を♪♪




読んだよークリックをポチッとな♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。