プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドックランでの人の所作。



さて、ドッグランについて書きたいと思います。



ドックランでの飼い主さんの行動は、愛犬に大きな影響を与えています。



まずはドックランに行こうと家を出るとき。


『さぁーいくよー。いっぱい走ろうねー。』などの言葉をかけて、飼い主さん自体がウキウキワクワクしていませんか?


この行動は犬の興奮をあおっていますね。


家を出るときから興奮状態にしてしまうと、終始落ち着きがなくなってしまいます。

お散歩のときも同じですが、家を出るときは『落ち着きなさい』と犬に伝え、平常心になってから出発です。



落ち着いたら出発。



ドッグランに着いたらまたまた興奮が蘇ってきます。


ここでも、興奮を落としましょう。



受付を済ませ、いよいよドックラン内へ向かうのですが、ここで注意点があります。


『先に犬を入れない』こと。


飼い主さんの後をゆったりついてくるのが理想です。


入り口付近に他犬が集まってきている時がありますね。

『新入りがきたぞ!チェックしてやる!』と興奮状態の犬達が集まっているのです。




そんな環境にポイと愛犬を放り込んではいけません。


まずは自分が先に入り、その場を鎮めます。


そうしてやっと犬はドックラン内に入る事ができるのです。




中に入ってもすぐにリードを外さずに、いつものお散歩の様に歩きます。


環境に慣らすため、それと『この中にいてもあなたは私に管理されているのよ』と伝える為です。



ドックランは、飼い主を『無視』して犬が遊ぶ場所ではないのです。





さて、やっとリードを外す時がきました。


犬が飼い主に注目し、落ち着いている事へのご褒美です。


ここで、やってはいけないのが『立ち話』です。

よく見かけますね。


飼い主さんが立ち止まっている場所を守ろうとする犬がいます。


ドックラン内でのこの犬の心理は争いを招く可能性がありますよね。

他の飼い主さんとはドッグカフェでお話しましょう。
ドッグカフェもしつけにはとてもいい場所ですよね。
他の飼い主さんと協力して、『カフェでのマナーの練習』なんかをしても楽しそうですね♪♪


それともう一つ、『何かに気を取られているとママがいなくなる』とゆう心理を利用し、常に飼い主に意識を向けるようにする為です。


争いを避ける為と、『犬の意識を飼い主から外さない』為にも歩き回る事が大切なのです。




犬によって興奮度合いも、興奮する場所も違います。


愛犬がやたら興奮してどうにもならない…そんな時は、ぜひご自身の行動を振り返ってみて下さい。


今回書いたのは一例です。


うちの子は当てはまらないわ…と思ったらこちらにご相談下さい♪♪




愛犬と穏やかに歩きましょう♪♪
20150131082636742.jpg




沢山の方に読んでもらえると嬉しいです♪クリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。