プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『犬空間』と安心



20141124112148fa3.jpg


20141124112158d59.jpg


蘭丸と大和のハウスです。


前にも書いた事がありますが、彼ら(特に大和)はハウスが大好きです。

「大好き」といっても、ご飯が好きとかオモチャが好きとかのテンションが上がる「好き」とは別の部類で、安心出来る場所、寛げる場所とゆう意味での「大好き」なんです。



ハウスに閉じ込めておくのはかわいそうとゆう意見はよく耳にしますが、そうではないんです。

人は大きな家で暮らすことに憧れたり、旅行でひろーい部屋の旅館なんかに泊まったりすると嬉しいものですが、犬にはそうゆう感覚はありません。

常にフリーで生活している犬でも、いつも端っこの方にいたり、ソファーの下や机の下を好んだりしていませんか?

人が生活している空間(家)は犬にとっては広すぎるんです。
広すぎる空間とゆうのは、「守る範囲が増える=安心出来ない=疲れる」なんです。


『犬空間』と安心。



私が依頼者様のご自宅にお邪魔してまず見るのがハウスの形状です。

ハウスがない、あるけどハウスとして機能していないお家の子ほど抱えている問題が大きいです。

なぜかとゆうと、安心できる場所がない故にいつもストレスを抱えている状態なんです。
だから発散したくて吠える、噛む、とゆう問題がでてきてしまいます。

家にハウスがないとゆうのは安心できる場所がないとゆうことです。常に周りを気にしながら暮らすのは人だって疲れますよね?


もし家にハウスがないのなら、犬の安心のためにぜひ準備してあげてください♪♪



一言にハウスといっても色んな物が販売されてますよね。
どんな物がいいのか?


簡単にゆうと…洞窟です(笑)
洞窟なので、サークルではハウスとして機能しません。
中に入ってからクルッと一回りできて、伏せができて、立っても天井につかない大きさ。

そして、重要なのは中から外が見えないようにすることです。
臭覚からの情報を頼りにしている犬にとって、匂いよりも先に視覚で情報を得ると興奮に繋がります。

もし、サークルをハウスとして使っているのなら、布で覆ってあげて下さい。



もちろん、今までハウスを使ったことのない犬は入るのを嫌がることもあるし、安心な場所なんだよと教える必要はあります。
でも、一度安心感を理解してくれれば、犬も人も穏やかな生活を送れます。


安心できる『犬空間』を作ってあげて下さい♪♪




スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。