プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

『犬空間』とドッグラン



さて、前回『犬空間』の話をしました。



今回は、ドッグランなど複数の犬達がいる場面での『犬空間』について書いてみたいと思います。


『犬空間』=『社会的距離』です。

他人に踏み込まれたくない距離感を感じた事はありませんか?

犬にも他犬に踏み込まれたくない距離感があるのです。

それが、複数の犬がいる場所での『犬空間』です。


ドッグランには、他犬と遊びたい犬もいれば、飼い主さんとのんびりして過ごしたい犬もいます。怖がりなのに連れてこられてしまって怯えている子もたまに見かけますね。


飼い主さんとのんびりして過ごしたい犬は、飼い主さんを含めた『犬空間』の中で動いています。そこに、遊ぼう遊ぼうと容赦無く知らない犬が入ってきたら……ガゥっとなっても当然ですよね?


怯えている子も『犬空間』を持っています。怖いからそれ以上入ってこないで!と言っているのに、入ってこられたら?自分を守るためにガゥっといってしまいます。


それともう一つは、『犬空間』を強く感じている犬同士のスペース争い。「お前のスペースを奪ってやる!」といった挑戦です。始めは遊びでやっていても、興奮から制御が出来なくなり、本気ガゥガゥになってしまうことも。



どの場合も飼い主さんが自分の犬の『犬空間』を理解していることで犬を守ることもできるし、他犬ともめないように回避もできます。


愛犬の『犬空間』を知る。
とても大切な事だと思います。愛犬を守るため、愛犬が他犬と穏やかに過ごせるように……意識して、観察してみませんか?


そして、どの犬も『犬空間』を広げるトレーニングは必要だと思います。
持って生まれた気質もありますが、トレーニングで『犬空間』を広げてあげれば、犬自身でストレスを溜めない術を身につけていきます。


そうなれば、犬も人もストレスを感じない穏やかな生活を送れますね♪♪



次回は『犬空間』と『安心』について。


スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR