プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

リードに頼らない。



リードって人と犬を繋ぐ大切な物です。



安全のための物であり、犬との会話をする道具ですね。




でも。




もしかしたらリードに頼り過ぎているかもしれません。



リードがしっかりと装着されていれば犬は遠くに行ってしまうことはありません。
他の犬や人に吠えかかってしまったとしても事故は防げます。





これは人間側の便利さですね。




犬からしたらどうでしょう?




行きたいところに『行けない』だけで、『行ってはいけない』とは理解できません。



それに、リードを引っ張って飼い主の元を離れようとするって興奮状態になっていることが多いです。
そんな状態の犬には声は届きません。






何かを見つけて走り出してしまう。
嗅ぎたい匂いの元へ飼い主を引っ張って行ってしまう。




こんな行動が起こる前に、リードでの負荷をかけずに動きを止めることができれば人にも犬にも優しいですよね。
そして無駄に興奮していない犬は学習ができます。






『リードがついていない』と仮定して散歩に出掛けてみて下さい。



玄関からの飛び出しをどうやって止めよう?
どうやったら私の後をついて来てくれるかな?
前から歩いて来た犬から興味をそらすにはどうすればいいだろう?




こんな疑問が湧いてきます。






リードがついていれば物理的に止めることができますが、そうじゃない場合は体を使い知恵を使い…犬より先に周りのことに気がつかなければいけません。
リードがついているから安全だ…と安心し過ぎていると犬に伝えるチャンスを逃してしまいます。






散歩中にポケモンなんてやっている暇はありません(笑)





ノーリードは危険なので、あくまでも『リードがついていない風』ですよ。




犬が1人で散歩をしているのか、飼い主さんと一緒に散歩をしているのか?

ノーリード風散歩で観察してみて下さい。



関係性が見えてきます。




201607291129187f9.jpg






Deep.dog−飼い主塾−
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog.paglab@gmail.com
Tel→090-8521-5674
URL→http://deep-dog.com/






にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR