プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

苦手な物。




皆さんは『生理的に苦手な物』ありますか?



黒板をキィィィってした音が苦手な人はよく聞きますね。
うちの父ちゃんは雪を踏む感覚が苦手でスキーやスノーボードをすることは一生ないそうです(笑)
焼きレバーの食感が苦手とか、トマトのグチョっとした食感が苦手とか。
どうしても生理的にムリな異性なんかも存在しますね(笑)
(先天的な苦手意識)



私の前職は美容師なのですが、皮膚が弱く当時は手がボロボロでした。
薬に負けて皮がなくなるので水に触れただけで『ヒィィ!』ってなってました(笑)



そんな生活を約8年。



辞めてから数ヶ月で劇的に回復はしたのですが、思わぬところに後遺症が残っていたのです。




それは『水恐怖症』


正確には『水が手にかかること恐怖症』(笑)
ちょっと言い方は大袈裟ですが、水に触れても痛くもかゆくもないのに、気持ち的に『ヒィィ!』が抜けないんです。
(後天的な苦手意識ですね)

自分でもビックリです(笑)

水やお湯に触れずに生活をすることは不可能なのでちょっとショックでした。




それから数年、今はなんともありません(笑)




私は人間なので『もう傷はないし水に触れても痛くない』と理解できます。
実際に痛くないから『ヒィィ!』という気持ちは徐々になくなっていきます。(それでも数年かかったけど…)





では、犬の場合はどうでしょう。


先天的にしろ後天的にしろ、苦手な物が実は安全な物だったと自ら気付くことは出来るでしょうか?


苦手な物に触れなくても快適な生活が出来るのなら、そのままでも問題はありません。
(雪が苦手なら雪国に行かなければいいし、嫌いな食感の食べ物があるなら、それ変わる栄養がある物を食べればいいし、生理的に苦手な異性は避けて通ればいいし(笑))




でも、それが日常生活中に潜んでいる物だったら…?
(電車が苦手、人混みが怖い、人前が苦手だけど会社でプレゼンしないといけない…、隣の奥さんなんか苦手…など(笑))
これって克服出来るのならそれに越したことはないですよね?


人は自分の意思で回避することも解決の道を選ぶことも出来ます。

でも、犬にはその能力(苦手度合いや環境によって異なります)はないのです。


克服の過程は犬それぞれ違います。
苦手度合いにによっても変わってきます。



飼い主さんが愛犬の苦手を知り、避けた方がいいのか?克服した方がいいのか?を見極めてあげて下さい。





20160615213913827.jpg
特に意味はないけど、加工したらいい感じになった大和(笑)




Deep.dog−飼い主塾−
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog.paglab@gmail.com
Tel→090-8521-5674
URL→http://deep-dog.com/




にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR