プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の姿。





ポンタを預かって7日目です。




初めての場所でポンタがどんな行動を取るのか?を見る為にフリーの時間を増やし、自由に行動させていました。

夜寝ているクレートから出す時は飛び出てきます。
飛びついて来た時は『可愛いねぇ』と撫でました。
ソファで寛いでいる時に乗ってきたらそのまま座らせました。
家の中で走り回ることを放置しました。





そんな生活をして3日目…どうなったと思いますか?



ソファの上で父ちゃんを咬みました。





どうしてでしょう?





ポンタ、家に来てからずーっと興奮状態だったのです。

上記の接し方はポンタの興奮状態を肯定していることになるのです。
それに加えてルールが何もないですよね。ポンタの行動を全て受け入れています。
ポンタは新しい環境のルールも教えて貰えずに、どうすればいいのか分からずに常に気を張っていました。



興奮レベルが高い状態は起爆スイッチが入りやすいということです。





ポンタの行動が確認できたので、家のルールを教え、興奮を下げる方向に切り替えました。




それから3日目。

走り回り、飛びついていたポンタが足元でこんな感じ。
20151211110946b86.jpg
ここでのんびりしていよう…。





ご飯を食べている私の足元で寛いでいます。
目の前は大和のハウス。





ポンタに触らず、声もかけずに空間の主張をしただけです。伏せのコマンドも使っていません。
興奮は必要ない事が分かれば犬は勝手にこうなるのです。




飛びつきも大幅に軽減。走り回ることもありません。
飛びつきを叱るのではなく、私の空間をポンタに主張しただけです。ポンタはあっさり受け入れてくれました。
興奮していない状態を穏やかに褒めるころで『興奮していないほうが構ってくれるんだ』と気付きます。平常心でいるので走り回る必要がなくなったのです。


これが本当のポンタの姿です。



ポンタを預かる時、もしキレるタイプだったら里親探しは難しいかもしれない…と思っていました。
でも、ポンタは意思疎通がしっかり出来る子です。
ポンタが咬んだのではなく、人が『咬ませた』のです。

接し方次第、なのです。








告知♪♪

来年2/14(日曜日)犬のじゅうたんフェスタin高砂に参加します。詳しい内容は検討中ですが、しつけをメインに楽しい時間を♪♪と考えています。
お近く方(お近くじゃない方も♪♪)ぜひ遊びに来て下さいね。







出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/







にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村











スポンサーサイト

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。