プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

犬が怒る?



飼い主さんからよく聞く言葉に『○○ちゃんが怒る』というのがあります。





怒る…?




犬って本当に怒っているのでしょうか?







『怒る』というのは、嫌な事をされた時に吠えたり唸ったりすることですよね。
犬には喜怒哀楽があるので、確かに『怒って』いるのかもしれませんが…それを『意思表示』もしくは『主張』と捉えてみてはどうでしょうか?




『怒る』と感じてしまうと『なだめよう』という感情が出てきませんか?
人間は怒っている時に一生懸命なだめてもらうと落ち着いたりしますが、犬はなだめている人間の事を『弱い』と捉えます。




例えば、散歩帰りの足拭き。
足を触られるのが嫌いな犬は『怒り』ます。怒っているから、なだめながらソッと拭いたり、途中で諦めたり…怒っているから噛むかも…と弱気になってしまいます。
(気が弱そうでオドオドした歯医者さんに治療してもらっていると想像してみて下さい)

では、それを『主張』と捉えると…『嫌なのは分かるけど家に入る時は足を綺麗にしようね』と少し冷静に対応出来そうな気がしませんか?
(こちらは堂々と自信に満ちている歯医者さん)




嫌な事を少しずつ慣らしてあげる過程は必要ですが、『怒っている』と思いながら(人間が弱気になっている状態)と、『はい。ちょっと我慢しようねー』と堂々した態度で接するのとでは、どちらが犬に負担が少ないでしょう?
そしてどちらが『なーんだ、たいしたことないんだね』と理解しやすいと思いますか?





日常の中での主導権を人間が握っていることで犬は安心して生活が出来ます。
怒っている犬に気を使ってしまうのは犬に主導権がある状態です。怒っているというのは平常心ではないということですよね。感情に対して感情で応えても伝わらないのです。



なので、まずは自分自身を冷静に保つ方法をして『怒る』ではなく『主張』と捉えてみましょう。





犬の前では常に冷静に。堂々と。







出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村









スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR