プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの犬に必要なこと。





ボランティア活動をされている方からご依頼を頂きました。




今、保護しているトイプードルPくん。



Pくんのお悩み(噛み)がきっかけですが、『ボランティア活動をしていく上でもっと犬の事を知らないといけない』というのが本題でした。





事前に電話である程度お話をしていたので、伝え漏れがないように…読み返してもらえるように…と、資料を作って行きました。



2015102410093948d.jpg





これには、お座りや伏せを教える方法は一切書いていません。

家庭犬(保護犬)に必要なのは、指示に従う犬にすることではなく、飼い主と犬が如何に穏やかに過ごせるか?だと思うのです。



Deep.dogにくるご依頼のほとんどが『噛む』『吠える』『トイレが出来ない』です。


この問題って、犬が指示に従えるかどうかは関係ありません。
環境だったり、飼い主さんとの関係性だったり…。




家庭犬にはそっちの改善が必要なのです。




そこを改善するには




犬は何を敬遠し受け入れるのか?
どんな方法で人とコンタクトを取っているのか?
犬が『安心』と感じる環境。
『犬時間』と『犬空間』
犬は人間ではないということ。




『犬を知る』これが大前提です。







ランチを食べながら約6時間…。


犬の話、ボランティアの話……帰り道は、風邪ひいちゃったかな?と思ったぐらい喉が痛かったです(笑)




保護犬のボランティアは後追い後追いになってしまい、きりがないのが現実です。


保護犬は問題を抱えている子が多く、ボランティアさんの手に負えないこともしばしばあります。

そんな時は是非ドッグトレーナーを頼ってみて下さい。
そして、ボランティアの皆さんでその情報を共有して下さい。






トレーナーとボランティアさんが協力し合える保護活動が当たり前になったら、沢山の犬と里親さんが穏やかに生活できるのではないでしょうか?






出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/








にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村















スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。