プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの犬達。



最近めっきり出番のない犬達。

2015032808172971e.jpg
大和。


20150328081949e75.jpg
蘭丸。



なぜかとゆうと…。


いつもと変わりなく生活している彼ら、そんな彼らにはネタがないのです(笑)



朝、私の目覚めをおとなしく待ち(ハウスでウ⚪️チした時は拾え拾えとうるさいけど)

起きたら元気よく挨拶をしてくれ(人の体を使って『伸びぃー』とするけど。)

モグモグご飯を食べ(ご飯にありつくまでの視線が痛いけど)

私が出掛ける時は『どうせ俺らは留守番やろー』的な顔でお見送り。

きっとぐうたら寝ているのでしょう。
帰宅すると寝坊まなこでお出迎え。

散歩に行く準備をするとハイテンション(1人で階段を降りれないくせに)

ブログを書いているときは膝の上(ちょっとくちゃい)

『寝よか?』と言うとハウスに入る。

就寝。



と、変わらぬ毎日なのです。



ネタがないのはツライですが(笑)変わらぬ彼らに癒される。




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




ポチッとクリックお願いします♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

おやつの使い時。



さてさて、またまたJちゃんとアウトレットにやってきました。


車ではすっかり静かなJちゃんです。

参考までに車内をご紹介しておきましょう。


20150326143519632.jpg

20150326143515abe.jpg

シートベルトでしっかり固定。
そして、下が平ではないのでそれを抑えるためと、下からの振動を抑えるために布団を敷いています。

直乗りしていて興奮を抑えられずにいたJちゃんに与えられた『安心空間』です。




アウトレットに到着してからは前回のように初めは私がリードを持ち、興奮を抑えました。

前回と違うのは、興奮が鎮まる時間が格段に早くなったこと。
『興奮する場所ではない』としっかりJちゃんの記憶に残っているのですね。


早々にママさんにバトンタッチしました。

ママさんの堂々たるリードさばきに、Jちゃんなす術なしです(笑)



前回、鬼門だったベビーカーもしっかりスルー出来ています。

私は後ろから付いて歩き、ちょこっとアドバイスをしただけ…。


後でママさんに見てもらう為の動画撮影に没頭していました。

超大型犬を連れて歩く華奢な女性と、それを追いかけ撮影する女…奇妙な光景ですね(笑)



この日はワンコに会う事ができました。

ワンコがいると、Jちゃんの興奮はぶり返し気味…。
失敗してしまったときは成功するまで前を歩かせてもらいます。

『トレーニング中なんです』と飼い主さんに声をかけ、何度も往復です。
興奮したまま立ち去ってしまうとその記憶が残り、同じ失敗を繰り返してしまうからです。




今回のアウトレット散歩は極度な興奮状態にならずに穏やかに歩いているJちゃん、次の段階に進みます。

Jちゃんは脚足行進ができます。
訓練所でおやつを使って『形』を教わっているのです。

Jちゃんの興奮はいい感じに収まってきています。

そこで、おやつの登場。

なぜ、始めからおやつを使わなかったかとゆうと…。
興奮が抑えられない状態でおやつをあげてしまうと、『興奮を褒めている』ことになるからです。

冷静な時におやつで褒めてもらえるからこそ、本当のYES.NOを理解できるのです。




ママさんを意識しながら歩いているJちゃんですが、少しづつ前に前に出てきます。

そこで、訓練所でやっている『おやつを使って脚足行進』をやってみることにしました。
ママさんと気持ちが繋がった状態だからこそ、おやつを使ったトレーニングが活きてくるのです。


インパクトのあるご褒美を、と思って持参していたおやつを使ってみたのですが…インパクトが有りすぎて、Jちゃんが近過ぎて歩けない(笑)
すぐにいつものおやつに変更しました。



そしてママさんが上手い!

ちょっと焦らしながら、多過ぎず少な過ぎずのタイミングで、Jちゃんはママさんに釘付けです(笑)


Jちゃんは『他に気を取られるよりママに注目してた方が楽しい』と感じてくれたようです。


おやつは使い方が重要です。
あげるタイミングはもちろん、今の状態で使うべきなのか?おやつの意味が伝わっているのか?
色々な要因を考えるからこそおやつの意味が出てくるのです。




さてさて、すっかりアウトレットには慣れて来たJちゃん。

偶然こんな子と出会いました。

20150326170308964.jpg
バーニーズのブンタ君。


立ち話をしている間、Jちゃんは上手に挨拶をして穏やかに過ごしていました。

お行儀よくしているとナデナデしてもらえると学習したJちゃん。
201503261706275f0.jpg
ご満悦の表情です(笑)




今回のレッスン、ママさんから『少し自信が付きました』とゆう言葉をいただきました。
『たっぷり自信を持って下さい』とお返事しました。

だって、犬は自信を持っている人に安心感を抱くのです。



犬は飼い主の鏡です。
犬が良からぬ行動をした時は自らを振り返ってみる。

ママさんは『Jの行動は私が変わらないといけない』と頑張ってくれたのです。

ひと山越えたこのペア。
次に何か問題が起きたとしても簡単に乗り越えられるはずです。
だって、『心』がつながったのだから。



出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/



頑張ったJちゃんママにポチッとな♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村







繋がる。




バーニーズのJちゃんのレッスンです。


今回は、レッスンと言ってもほぼアドバイスすることはなし。

Jちゃんとママさんの変化に驚かされました。




まずはお家に伺ったとき。

超フレンドリーなJちゃんは、人を見つけると『撫でて撫でて♪♪』と突進します(笑)

今日はどうかな?と心配しつつも、私はお庭で待機。
ハウスからJちゃんを連れてきてもらいました。


おぉ!一瞬飛びつこうとしたJちゃんですが、ハッと気付き自らママさんの横に戻ったのです!
そして、ママさんの顔をよく見る!!
その上ママさんのドヤ顔(笑)


私にお行儀良く挨拶してくれたのです。


『あっ、繋がってる』と感じた瞬間でした。



Jちゃんが変わったように見えますが、実は一番変わったのはママさんなのです。

お伺いする度に堂々と振舞うようになってきているママさんにJちゃんがしっかりと反応しているとゆうことです。



さて、この日はハウスレストトレーニング主体でお伺いする予定でした。

数週間前にハウスを破壊したJちゃん(笑)
新しいハウスのアドバイスをさせてもらい、ハウスレストを入れ直しをしょうとお話していました。

ところが……前日にハウスを設置している時に、勝手に入って寛いでいた(笑)とのことです。


うーん…Jちゃんとママさんの繋がりも見れたし、改めてハウスレストを入れ直さなくても大丈夫な気がしてきました(笑)



なぜこのペアはこんなに繋がったのでしょうか?



ハイテンションのJちゃんをなんとか落ち着かせたいと考えていたママさんの気持ちの変化です。

3歳半のJちゃん、ママさんは3年半の間、落ち着かせないと!と頑張ってきました。
でも、なかなか落ち着かないJちゃんにママさんの気持ちがマイナスに向かってしまいます。
その気持ちがJちゃんに伝わり、悪循環を起こしていたのです。




『Jのハイテンションを個性として見ることができるようになってきました』と仰っていました。


そうなんです。
抑えることだけに集中してしまうと、どこかに歪みが出てしまいます。

Jちゃんは家庭犬です。
ママさんの横をお行儀良く歩く『形』が必要なのではなく、『ママといると楽しいな♪♪』とゆう『心』が必要なのです。


『心』が変われば『形』は勝手に付いてきます。






前回のレッスンから遊びを通したトレーニングを頑張ってくれていたママさんですが…ひとつだけ、アウトレット散歩にはまだ怖くて行けていない…とのことなので、急遽予定変更で、またまたアウトレットに行くことになりました。



ここでもJちゃんとママさんの成長ぶりを目の当たりにするのでした。



その話はまた次回ーーー。





出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




最近、出番のない大和にポチッとな。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

困った問題がないならトレーニングはいらない?




数日後に犬を迎える予定のある方と少しだけお話する機会がありました。

パピーではなく、成犬です。


トレーニングをしたほうがいいのか?とお悩みだったのですが、結局『まだ、どんな子なのか来ていないからわからないし、問題があるようならやってみようかな』とゆう結論でした。


うーん…わからなくもないんだけど…。



問題が出てから始めるのもトレーニングですが、問題が起こらないようにするのもトレーニングなのです。


新しいお家に迎えられる犬にとってどちらが負担が少ないかとゆうと、『問題が起きる前にするトレーニング』です。



犬を飼う=トレーニングと、思って下さる方が増えるのはとても嬉しいことなのですが、もう一歩…。


もう少し『深く』なのです。




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





ポチっとひとつ♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村





カルチャークラッシュ。




犬の勉強を始めた頃に出会った本があります。


ジーン・ドナルドソン著
『カルチャークラッシュ』
20150321075256bf6.jpg




この中に犬の気持ちになってみる事を分かりやすく例えた文章があります。

『ゴーン星』



もし人間がゴーン星のとゆう架空の星に行くことになったら?
とゆうお話です。



想像してみて下さい。

ある日突然、親兄弟から離されゴーン星に連れて行かれるのです。
自分達とは違う生き物の家で生活をすることになりました。
そこは言葉も文化も違う世界です。



人間はトイレで用を足します。
いつものようにトイレで用を足していたら、ゴーン星人が来て叱られました。

ゴーン星にはトイレで用を足すとゆう文化がないのです。

でも、どこで用を足せばいいのか教えてくれません…。
そして、分からないが故に叱られ続けるのです。



ゴーン星人は日中は仕事に出かけます。

人間は『暇つぶし』に音楽を聴いたり本を読んだりして過ごします。
すると、帰って来たゴーン星人はまた叱ります。


そう、ゴーン星には音楽を聴いたり本を読んだりする文化がありません。
無意味ないたずらと解釈されてしまうのです。



音楽を聴く代わりになる事を教えてくれればできるのに…。
本を読むとなぜいけないのか?人間は理解ができないのです。




どうでしょう?
少しは犬の気持ちに近付けたでしょうか?



人間と犬は違う動物です。

犬と暮らすかどうかは人間が決めたことです。
何も分からずに人間と生活が始まる『犬』に寄り添ってあげましょう。


犬の行動に『悪気』はありません。

『分からない』だけなのです。




『カルチャークラッシュ』

興味のある方は是非読んでみて下さい。




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村











飼い主が学ぶ。




大和がまだパピーの頃、しつけに悩み訓練士さんに相談しました。
訓練所にも足を運びました。


でも、そこで出会ったのは『犬を訓練する』のが仕事の人達でした。



大和は家庭犬です。

『特別な訓練』はいらないと考えていました。



私にしつけの仕方を教えてくれるトレーナーさんを探し続けたのです。


そこで出会ったのが北海道で開業している『Calm dog〜飼い主塾〜』

犬だけではなく飼い主に教えるトレーナーさんです。

これだ!と思ったわけです。


飼い主塾……
私が求めていたこと、そしてこれからの飼い主さんが求めないといけないことなのです。


犬のしつけは飼い主自身がやるべきです。

出張トレーニングで行く数時間だけで犬が変わるわけではないのです。

私は『犬を伝える』トレーナーです。
心が繋がっていない犬と飼い主さんを繋げるキューピット(笑)みたいな役割になりたいと思っています。



そして最も大事な仕事は『飼い主さんのモラルを高めること』
『犬の本当』をより多くの人に伝えることです。




まずは、今出来ること。

犬を飼っている家庭で出来ることは、愛犬をしっかりと育てることではないでしょうか?
そして、犬友達さんに伝える。

レッスンで得た知識は犬友達さんに是非話して下さい。
『犬ってこんな動物なんだよ』と話題に出して下さい。



高い知識を持った飼い主さんが増えること願っています。





出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





読んだよーとクリックをひとつ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村








自宅で繁殖。




自宅で繁殖をする方がいますね。


ブリーダーではなく、趣味として…。

この子の子供を見てみたい。
違う犬種を掛け合わせたらどんな子が生まれるのか興味がある。
親犬が良い子だから、良い子が産まれるはず。
産まれたら売れるかなぁ?


はぁぁぁ………。



そんな理由で素人が繁殖してはいけません。



いい貰い手が見つかり、幸せな犬生を送れる子もいるかもしれません。
でも、無計画にギャンブルみたいな繁殖はするべきではないのです。



ブリードとゆうのは、血統を守ることはもちろん、産まれた子達の行く末も守らなければいけないのです。




そして、繁殖とゆうのはとても大変な作業です。

ちきんと血統・気質を守りブリードしているブリーダーさんの苦労には頭が下がります。



『興味本意で繁殖してみる』なんて…。
そんな簡単に出来ることではないのです。



犬を迎える方法はたくさんあります。

無計画に新しい命を増やすことよりも、今生きている、お家の決まっていない子を迎えることのほうが優先ではないでしょうか?




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




クリックひとつ、お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村







犬の食育。




ご飯を食べない犬の話、よく聞きます。


なぜ食べないのでしょう?


体に不調がある場合は獣医さんに相談し、その不調を取り除いてあげる必要があります。


そうではない場合は…。


『食育』です。


生き物は本能として『食べる』とゆう行動が備わっているのです。

その本能を崩してしまうようなご飯の与え方をしていませんか?


ご飯は食べないけど、おやつは食べる。

これは『食育』が不十分です。


ご飯を食べない→お腹か減って可哀想→おやつをあげる。

おやつはご飯よりも嗜好性が高く作られています。

『ご飯を食べなくても美味しいおやつがもらえるからいいやぁ』となってしまいます。


そして、食べないからご飯のお皿をいつまでも置いている。
これは『いつでも食べれるから今食べなくてもいいやぁ』となります。

食べても食べなくても一定の時間を決めてお皿は引きましょう。


これらは、犬がワガママとかグルメとゆうことではなく、そうゆう育て方をした結果なのです。




環境が変わると食べない犬。

これはキャパが狭いとゆうことです。

どこかに預けられた時の環境に対応できる犬に育てなくてはいけません。

ペットホテルのほとんどは、ケージの中での預かりだと思います。

家でフリーで過ごしている犬が、急にケージにいれられたら?
環境の変化に戸惑い食も細くなってしまいます。


普段からハウストレーニングをすること、どんな環境でも『食べる』ことができる犬に育てましょう。



今は色んなフードがあります。
『食べないからフードと変える』のもひとつの方法ですが、『フードの与え方』を考え直してみることも大切です。

『食べなくてお腹か減って可哀想』ではなく、『今、食べないならもうないよ!』とゆうのが食育なのです。
そうやって『食べる本能』を育てるのです。



『おかわりちょうだい』ゆうてます(笑)
20150316094942e28.jpg





出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





読んだよクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村





噛む犬。




『噛む犬』と聞くとどんな印象でしょう?


怖いですよね。
ちゃんとしつけしてるのかなぁ?なとど疑問も出てくるかもしれません。



私は『怖い』ではなく犬が『気の毒』だと感じます。

人が怖いと思う以上に噛む犬は『怖い』思いをしているのです。


攻撃性とゆうのは『恐怖』から我が身を守る為にでる行動です。

もちろん『10犬10色』ケースバイケースですが、ほとんどの場合は恐怖からの攻撃です。




さて、どうやってトレーニングしましょう?

方法は大きく分けて二つあります。


『噛むな!』と更に恐怖を与えて行動を制御する。(一発逆転)

『噛む必要はないんだよ』と心にアプローチして恐怖を取り除いてあげる。(時間をかけてゆっくりと)


どちらを選びますか?



私は後者を選びます。

恐怖を恐怖で上塗りしても『良い関係』にはなれないからです。

噛む犬になるまでには時間がかかっているはずです。
蓄積された恐怖の上から恐怖を与えるなんて酷な話ですよね。



それともう一つ、一発逆転で行動を制御するとゆうのはギャンブルなのです。
恐怖を上塗りされた時に何とリンクさせるかは犬次第なのです。

噛む行動と恐怖が上手くリンクされれば(トレーナーの腕次第)修正は可能です。

もし、恐怖=飼い主とリンクしてしまったら?

関係は悪化します。


しつけは犬と飼い主の関係を繋げることです。
しつけに『恐怖』はいらないのです。



そして、噛む犬を育ててしまったら飼い主さんは、決して『しつけを怠った』わけではないと思うのです。
方法を間違ってしまっただけ。

正しい方法が分かれば関係の修復は可能なのです。

わざわざ悪化させる必要はないですよね。





問題行動に悩みトレーナーに相談する時は、そのトレーナーがどうゆう方針なのかをよく話し合うことが大切です。




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




読んだよーとクリックを♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村








活動範囲。




Deep.dogは出張トレーナーとして活動しています。



よくよく考えたら活動範囲を提示していなかったと……今頃気付きました(笑)



所在地は神戸市西区。

活動範囲は基本的に神戸市全般と明石市全般です。


自宅から10kmを超える場合は交通費をいただいております。



スケジュールが空いている場合、交通費のご相談はさせていただきますが、県外などにも出張します。
Deep.dogに興味のある県外の方は一度ご相談下さいね。



自己紹介をしておきましょう。


Deep.dog代表 堤 亜紀
元美容師です。

でも、今のところ犬のカットはできません(笑)


パートナーは、黒パグの『蘭丸』とラブラドールレトリーバーの『大和』
20150313075149cfc.jpg




大和の問題行動に悩んだ時期を経てトレーナーの道を目指しました。


前職で辛い時期があり、そんな時にでもいつもと変わらず接してくれる犬達。
そこから犬の素晴らしさに目覚め、『犬に少しでも幸せな生活を』と考えるようになりました。

犬に癒されるだけではダメ…犬を癒してあげないと。



独学から始まり、尊敬するトレーナーさんに会うために北海道に飛び、より犬を『知る』ためにトレーナー養成スクールに通いました。


そして開業。

開業した今でも勉強は続いています。
お客様のところでは学ぶことが多いのです。


パートナーとして大和を連れて行くことがありますが、実は……大和にも良い影響があり、勉強させてもらっているのです。



そしてこれから…。


出張トレーナーを続けながら、『犬の幼稚園』をやります。

まだまだ関西には少ない幼稚園ですが、お留守番が長い犬達、そして飼い主様の為にもとても良いシステムだと思うのです。


オープンしたら『お試し入園』なども検討中です。

神戸・明石の飼い主様、ぜひお試しくださいね。



幼稚園オープンまでは、出張トレーナーメインで犬達と飼い主様のサポートを頑張りたいと思います。





出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





ワンクリックをお願いします♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。