プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

習慣。



犬と暮らしているみなさんは、それはそれは愛犬を可愛がっていると思います。


散歩に行き、ご飯をあげて、おやつもあげる。
週末には洋服を着てお出かけ。


犬とは家族の一員、子供みたいな存在ですね。



そこで…。

少しだけ『深く』犬を考えてみませんか?




散歩→『いつもの道をいつもみたいに歩く』から『質の良い、飼い主とコンタクトを取らながらの散歩』へ。


ご飯→犬の健康を少し深く考えたご飯へ。


おやつ→より犬が喜ぶ与え方へ。


週末のお出かけ→お出かけ先は犬にとって大冒険。そんな環境でのトレーニングを意識してみる。



いつもの習慣を少し変えてみるのです。


人の習慣が変わると犬の習慣も変わります。
『いままではこうだったから…』『この子はこんな子だから…』とゆう気持ちは犬には必要ありません。


しつけは日常でするものです。
飼い主側の習慣を変えることなのです。



犬を『知って』より絆を深めましょう。



出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




ランキングに参加しています。ポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

見つめる犬。



先日、ある方に『大和はよく人の顔を見るねー』と言われました。



毎日一緒にいるので見慣れていて意識はしてなかったのですが、言われてみると…納得。


確かに常に視線を感じるし、よく目が合います。


アイコンタクトとゆうトレーニングがありますが、大和にそれをやったことはありません。


なぜ見つめる犬に育ったのか?



基本的に私は犬に対して『怒り』ません。

しつけをする上でのNOを伝えることはしますが、感情で怒ることはありません。


なので、大和が私に呼ばれるときは何か良いことが起こるときなのです。

ご飯を食べているときや、テレビを見ているときなどに、突然気が向き大和を呼びます。
そして、大和が知っているトリックのコマンドを出し出来たら褒める。
たまにはムダにおやつをあげたりもしますが(笑)


『母ちゃんのことを気にしていたら良いことが起こるんだ』と思っているのです。


ただ、『呼んだら来た→おやつ』だけだと、見つめる犬にはなりません。

『呼ばれて来た→指示が出る→出来たら褒めてもらえる』とゆう関連付けです。


次は何をすればいいのだろう?とゆう指示待ちの視線なのですね。






飼育放棄されたハルとゆうトイプードルのトレーニングをしています。

ハルは長い間外の世界を知らず、人とのコンタクトの取れない生活をしていました。

なので、『目を見る』とゆう行動がハルの中にはないのです。
そして、全てに興奮して表現の仕方が分からず常にワチャワチャ(笑)


まず教えたのが、落ち着くこと。

そして、人とコンタクトを取るのは楽しいことなんだよとゆうこと。

わざわざアイコンタクトのトレーニングは入れていません。
でも、目を見る犬になっていきます。

目を見るとゆう『形』を教えるのではなく、この人とコンタクト(目を見る)を取れば楽しいんだと『気持ち』を変化させていくのです。


ボサボサ頭だけど可愛いハル君。
2015022707351128d.jpg



ハルには色々なトリックを教えていきたいと思っています。
トリックを教える=人とのコンタクトだからです。


犬は人との生活することを選んだ動物です。
ただ、同じ家で生活しているとゆうだけではなく、何かを一緒に楽しむことが愛情ではないでしょうか?




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




ハルにも応援お願いします♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村














飼い主の人柄と犬の問題行動。




お客様ではない方と犬の話で盛り上がることが多々あります。


私はドッグトレーナーなので、聞かれるのは『しつけ』についてです。


話の『流れ』で話題になっただけなので、本当に悩んでいる訳ではないのですが、『あっ、この人の犬は良くなっていく』『この人の犬はたぶん変わらないな』と感じることがよくあります。




前者の飼い主さんは話をよく聞いてくれます。
そして、問題行動は『飼い主の問題行動』とゆうことを『納得』してくれるのです。


後者の飼い主さんは質問した割には話を聞いてくれない(笑)
『犬』が問題行動を起こしているとゆう『誤解』を解いてくれないのです。



前者も後者もすぐに改善しようと動き出すことはないでしょう。
でも、前者は『気持ち』が変わったのです。

後者は全てを『犬のせい』にしたままです。



これは大きな違いですね。


犬に対する気持ちが変わる…『気づく』ことが、しつけの第一歩なのです。




犬の生活は飼い主次第。
犬は飼い主の鏡です。




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




読んだよーと教えて下さい♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

ロゴ。



絵心がなく断念していたロゴを作っていただくことになりました♪♪



請負ってくれたのは↓こんなのを書いているGRAFFITI-WOODさん。
20150225065913aff.jpg



ワンコのハンドメイド雑貨を作っています。

可愛らしい物が多いのかと思いきや、ロックな物から壁画まで…そして、自宅のリフォームもこなすとゆう強者です(笑)


自宅のに来ていただき打合せをしたのですが、とっても気さくで楽しい方でした(^^)




2/28(土)湊川公園手しごと市
3/28(土)わんわんマルシェ(仮)


こんなところにも出店しているそうです。


こんな感じ。
20150225070853381.jpg


可愛い♪♪
20150225070851b3d.jpg

お時間のある方は覗いてみて下さい♪♪





出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




行ってみたいなと思ったらポチッとな♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村










続いてます!お散歩ダイエット。




以前の記事にも書いた『お散歩ダイエット』


密かに続いています。
そして、それなりの結果が出ています。


実はこれ、犬達にも良い影響を与えているのです。

私のウエストが締まっても犬達には何の関係もないのですが(笑)散歩中の姿勢とゆうのは『散歩の質』を左右します。



下を向いて猫背で歩くのではなく、姿勢を正し堂々と歩く姿を犬に見せるのです。
ボディランゲージで会話をする犬は人の姿勢ひとつでも影響されます。


犬について行く散歩ではなく、堂々と犬の前を歩きましょう。

『安心してついて来なさい』とゆうことを、ボディランゲージで犬に伝えるのです。



ゆったりした気持ちで堂々と歩いている時と、犬に合わせてついて歩いているときの、尻尾の位置や耳の位置、方向を観察してみて下さい。


きっと違いを感じると思います。



一石二鳥の『お散歩ダイエット』ぜひ試してみて下さい♪♪




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




ランキングの応援、お願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村







神戸三田アウトレット。



さてさて、友人宅のお泊まり。

次の日はみんなでアウトレットに行きました。



人混みの中を歩くわけですが、ここでもマナーが必要ですね。


周りに人がたくさんいる時の、犬との立ち位置を意識したことがありますか?



大和は凶暴ではありませんが(笑)人によってはウゥ〜となってしまうことがあります。
黒くて大きな大和に唸られてはそれはそれは怖いでしょう。


普段の観察の中で分かっていることは、『ジッと見てくる人』『相手から寄ってくる人』に唸る傾向がある大和です。
どう対処するのかといえば……。


大和よりも先に対象人物を見つける。
そして、その人と大和の間に私が入ります。

そうすることによって大和に『あんたが出る幕ではない』と伝えます。

相手の人にも『この子に構わないで』とゆうアピールになりますよね。


もし、こうゆう行動をする飼い主さんと犬に遭遇したらそっとしておいてあげて下さい。


この日は、歩いている時に突然大和に触ってくる人や、ジッと見てくる人が少なく一度も唸る事無く過ごせました。
まず匂いを嗅がせてからそっと触れてくれる人や、大和が興味を持って寄って行くのを待っていてくれる人が多く、嬉しそうにナデナデされていました。


一度だけ…。

『触っていいですか?』と声をかけてくれた男性がいたのですが、『噛みます』と言って断わりました。
もちろん大和は噛みません。
なぜ断ったかとゆうと…私がその人に対して『この人には唸る』と強く思ってしまったのです。
そうなると大和がソワソワしだします。
唸る可能性が少しでもある時は断ることも必要なのです。



こうやって成功体験を重ねることが大切なのですね。



そして、休憩。
テラス席でご飯を食べました。

この時も立ち位置が大きく影響します。


出来るだけ壁側の席を選び、犬達は奥に、私達が道側に座ります。


ドッグランの記事にも書いていますが、犬は止まっている場所を守ろうとする傾向があります。

ただ、ご飯を食べているだけなのに、勝手にお仕事を始めちゃうのです(笑)



なので、ここでも私が間に入り『あんたはゆっくりしておきなさい』と伝えます。

良い子にしていたら少しのご褒美をあげてもいいでしょう。




犬の行動の意味を理解しているだけでも、色々な対処方を見出すことができます。

普段からの観察と、犬を『知っている』ことが非日常に出たときの大きな味方ですね。





女子の買い物は長いねんー。
20150223082428ddc.jpg




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




読んだよーと教えて下さい♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村







お泊まり。




大和と蘭丸を連れて友人宅にお泊まりに行ってきました。


犬を飼っていないお家です。



犬連れで犬を飼っていないお宅にお邪魔するときのマナーとは?

粗相などてお家を汚さないこと。
出来るだけ抜毛を落とさないこと。
ご近所迷惑にならないように、吠えさせないこと。
夜はゆっくり寝かせること。


これらにプラスして、犬に負担をかけないようにすることも大切ですね。



まず、粗相をさせないようにするには、トイレトレーニングが出来ていることが前提です。
トイレは外、あるいはシートでする、マーキングの習慣がないなど、最低限のしつけが必要です。

そして万が一を考えて、室内に入るまえに十分散歩をしておくことも大切です。



抜毛は…犬種によっては避けられない問題ですね。
服を着せるなどして対応しましょう。

普段から服を着せる練習をしておきましょう。



吠えさせない。
またお家に呼んでくれるかくれないかは、ここにかかってくるのではないでしょうか?

ギャン吠えしてしまってはご近所にも迷惑になってしまいます。



吠える必要はないと伝えることができることと、吠えが始まってしまったときの対処方を考えておかなくてはいけません。



これに有効なのは…そうです!ハウスレストトレーニングですよね。


初めて行く場所で落ち着ける所がないと、不安になってしまうかもしれません。
そんな時に役立つのがハウスなのです。


普段からハウスを安心空間と認識していればハウスさえあれは犬は安心できます。


夜はゆっくり休ませる事にも関係していますよね。



旅は犬を成長させ、より心を繋げてくれます。

近所の友人宅にお泊まりするだけでも犬にとっては大冒険なのです。
犬にかかる負担を軽減するために、普段からしつけをしておく。


そうすることによって、お邪魔するお宅にも負担を減らすことができます。



トイレトレーニングが出来ていないと、お家を汚す可能性がでてくる。
犬はガマンを強いられるかもしれません。

抜毛は、お家を汚してしまいます。
普段から服を着る習慣がない犬は、着せられただけでストレスを感じるかもしれません。

吠えるとご近所迷惑になる。
吠えている犬もストレスなのです。

夜に寝れずに騒いでしまうとみんなが寝不足になります。結局のところ飲んだくれで夜更かしですが(笑)
安心出来ず寝れない夜は犬も疲れてしまいます。



全ては普段のしつけ、犬との接し方にかかっているのです。




犬にマナーを教えて、心の繋がりを強化する旅に出てみませんか?




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





お行儀よく出来た大和にご褒美ポチを♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村












仔犬を迎えたら何をする?



可愛い仔犬を迎えたら何をすればいいのでしょう?


まずは安心できる場所の確保です。

家に帰ってきてホイっと自由にしていまうと、仔犬は混乱します。


仔犬の居場所を作っておくのが大前提ですよね。


ワチャワチャ動き回る子には『あなたの場所はここ』と教えます。
怖がりで隅っこに隠れてしまうような子には『ここは安全な場所だからゆっくり休みなさい』と教えます。


初めての環境で経験したことは、よっぽど環境の変化がない限り忘れません。


今後のハウスレストトレーニングの為にも、家に迎えた時のハウスのあり方が重要なのです。
この時にハウスの意味を理解できているとハウスレストトレーニング自体改めてやる必要がなくなります。



そして、犬との接し方。

とりあえずそっとしておいてあげましょう。
仔犬は良く寝ます。
ゆっくり寝れる環境で休ませてあげます。


仔犬自身が色んな物に興味を持ち出すまで見守ってあげましょう。


仔犬が動き出した時、『叱る』ことをしなくていいように、触れてほしくない物は片付けておきます。

『ここにいると安心だな』『ここは楽しいな』と感じてもらうのが最優先なのです。
そうやって少しづつ飼い主に心を開いてくれるのです。


飼い主側は家に迎えたら『家族』として接しますが、犬はそうは思っていません。
『ここはどこ?この人達はなんだろう?』と観察しているのです。


恐怖心がまだ出ていない月齢の子なら好奇心が勝ちますから打ち解けるのは早いかもしれません。
もし、迎えた子が少し大きくなっていて、恐怖心、警戒心が出てきている子だったら、気長に待ちましょう。


犬側の気持ちになって接してあげるのが、心を繋げる第一歩です。



出してけれー。
20150221084844cf8.jpg




出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/




読んだよーとクリックをよろしくです♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村






リードの凄さ。



犬と散歩をするときはリードを付けますよね。




リードは犬の安全を守るため、どこかに行ってしまわないようにするため…おしゃれのためでもありますね。
そんな用途で付けるものですが、それだけの活用だともったいないです。


リードとは…犬と『会話』をする道具なのです。

言語を持たない犬に何かを伝えるとき、言葉で話かけても犬は理解できません。
もちろんトレーニングをすれば理解出来るようになるのですが、それには順序があります。

『始めの一歩』から言葉で何かを伝えるのは不可能なのです。



そこで登場するのがリード。

タイミングよくNOを伝えたり、YESを伝えることができる道具です。

散歩などのお出かけの時だけではなく、トイレトレーニングの時やハウスレストトレーニングの時にも意思が伝えやすく便利な道具なのです。

家の中でもリードを活用してみてください。



そして、リードの先にある首輪も重要です。
サイズは合っているか?首輪を付ける位置は合っているか?
これらが間違っていると伝えるタイミングがずれてしまいます。

ハーネスも犬に何かを伝えるには不適切です。


犬は初めから多くのことを理解できません。
リードと首輪とゆう道具を使って、少しづつ効率的に意思を伝えましょう。



出張トレーニングDeep.dog
代表 堤 亜紀
Mail→deep.dog@softbank.ne.jp
Tel→090-8521-5674
URL→http://www.eonet.ne.jp/~deep-dog/





読んだよーっとクリックで教えてください♪♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村






可愛いパピー。



可愛いパピーちゃん達と戯れてきました。


産まれて数ヶ月のパピーちゃん達、なんでも吸収します。


楽しいこと、嬉しいこと、イヤなこと、怖いこと…世の中の刺激に触れてパピーちゃんも忙しいですね(笑)



パピーのうちにやっておくこと。


とにかく生きてるって楽しんだよ♪♪と教えてあげる。

考えて行動するよりも本能がままの行動が目立つ時期です。
その本能からの行動を否定してしまっては恐縮した子に育ってしまうかも…。


良いところを褒める!これだけでもしつけは十分です。
褒める機会を作ってあげましょう。

何か課題を作り、愛犬と一緒にクリアしていく…楽しいですね♪♪



そして、たくさん遊んであげること。


スポンジのようになんでも吸収するこの時期に『ママといれば楽しい♪♪』と感じながら育つと、ママが大好きな子に育ちます。





遊びながらルールを教え、飼い主自らが犬を観察する事を学びましょう。


愛犬のクセなどをよく分かっていると、これから訪れる反抗期にも大きな気持ちで対処することができます。


しつけはその時その時で内容が変わってきます。


あれ?こんなはずじゃなかったのに…と感じたら遠慮なくトレーナーに相談してください。



Deep.dogがお手伝いします♪♪




お留守番だった大和にクリックひとつ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村















検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR