プロフィール

paglab

Author:paglab
黒パグ蘭丸と黒ラブ大和、人間の父ちゃんと暮らしています。

「プレイボウ・ドッグトレーナーズアカデミー」を卒業後、独立。人の『生活環境』と『ルール』を犬に教えます。

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『犬空間』と信頼



『犬空間』とハウスでの安心、社会的距離について書いてきました。


今回は『犬空間』と信頼。



犬を呼んだら喜こんで駆け寄って来てくれたのに、頭を撫でようとしたら逃げちゃった…って経験はありませんか?
私はあります(笑)
当時はなぜなのか検討もつきませんでしたが、犬の勉強をしているうちに、『空間』に辿りついたのです。


犬はそれぞれの『空間』を持っています。
そこにむやみに入っていかないことが信頼に繋がることも多くあります。


犬は人とは違う動物です。
そして非言語動物なんです。
言葉を話さない犬は体の動き(ボディーランゲージ)で会話をしています。
日頃何気なくしている行動でも、犬にとっては立派な会話なんですね。


前かがみとゆうのは、相手にスペースを与えないぞっとゆうボディーランゲージになります。


駆け寄って来てくれたのに逃げちゃった犬…。
「呼ばれて行ったのに歓迎してくれない」になっちゃったんですね。



特に始めて会う犬や怖がりな犬に対しては、相手犬が必要としている『空間』にずかずかと入っては信頼は得られません。
犬自身が『空間』を詰めてくれるまで、待ちましょう。

小さな犬だったら、人の手でも大きな壁に見えてしまいます。
壁の正体が何なのか?犬が興味を持って探りに来てくれるまで待つのが信頼の第一歩ではないでしょうか?



社会的距離と少し似た話にはなりますが、むやみに『空間』にはいらない、そして『空間』を尊重するとこで、犬は人を信頼してくれます。


ご飯の時だけ寄ってくる、散歩に行く時だけまとわりつくなどの行動をする子は、本当の信頼を知らないのかも??
もしかして!と思う方は、犬を観察して、その子の『空間』を確かめてみて下さい♪♪





信頼してくれると犬はこうなります(笑)
20141128011636033.jpg
よっ♪♪

20141128011634cf7.jpg
まいどっ♪♪










スポンサーサイト

ついでに散歩。




ホームページ作りの為にパソコン教室に通ったり、体調が思わしくなく病院三昧だったり……なんとなく忙しくて犬達の散歩の時間を取るのが難しかった今週。



こうゆうときは『ついでに散歩』がイチバンです。



物件探しが続いている我が家ですが、物件を見に行く時には犬達も車に乗せて一緒に行きます。
散歩をしながら、立地が分かり一石二鳥です。


病院に行く時も、犬達が一緒です。
待ち時間に病院の周りを散歩(^^)



こんな風にいつもと違う場所を散歩していて気付いたコト。



好きな土地、なんとなくイヤな土地を感じたことはありませんか?
私はよく感じます。
前からなんとなく気になってた土地に行ってみると、やっぱり気持ち良かったり、ここやだなぁーって思う土地に行くと気分が悪くなったり…。




犬もそれを感じてるように思います。


車から降りてもないのになんだか落ち着かなかったり、散歩しててもソワソワしていたり。

妙に落ち着いてゆったり歩いている時は、犬達にとって気持ちの良い土地なのかなぁ♪♪

きっと人よりもその辺りは敏感なんでしょうね。


私の気持ちが反映させている可能性も否めませんが(笑)


今まで大和を連れて何回も引越しはしていましたが、大和を連れての物件探しはしたことがありませんでした。
今回は大和の意見も尊重して決めて行きたいなと思ってしまうのは親バカでしょうか?(笑)




もちろんこの人の意見も尊重しましょう♪♪
2014112714093483c.jpg





『犬空間』と安心



20141124112148fa3.jpg


20141124112158d59.jpg


蘭丸と大和のハウスです。


前にも書いた事がありますが、彼ら(特に大和)はハウスが大好きです。

「大好き」といっても、ご飯が好きとかオモチャが好きとかのテンションが上がる「好き」とは別の部類で、安心出来る場所、寛げる場所とゆう意味での「大好き」なんです。



ハウスに閉じ込めておくのはかわいそうとゆう意見はよく耳にしますが、そうではないんです。

人は大きな家で暮らすことに憧れたり、旅行でひろーい部屋の旅館なんかに泊まったりすると嬉しいものですが、犬にはそうゆう感覚はありません。

常にフリーで生活している犬でも、いつも端っこの方にいたり、ソファーの下や机の下を好んだりしていませんか?

人が生活している空間(家)は犬にとっては広すぎるんです。
広すぎる空間とゆうのは、「守る範囲が増える=安心出来ない=疲れる」なんです。


『犬空間』と安心。



私が依頼者様のご自宅にお邪魔してまず見るのがハウスの形状です。

ハウスがない、あるけどハウスとして機能していないお家の子ほど抱えている問題が大きいです。

なぜかとゆうと、安心できる場所がない故にいつもストレスを抱えている状態なんです。
だから発散したくて吠える、噛む、とゆう問題がでてきてしまいます。

家にハウスがないとゆうのは安心できる場所がないとゆうことです。常に周りを気にしながら暮らすのは人だって疲れますよね?


もし家にハウスがないのなら、犬の安心のためにぜひ準備してあげてください♪♪



一言にハウスといっても色んな物が販売されてますよね。
どんな物がいいのか?


簡単にゆうと…洞窟です(笑)
洞窟なので、サークルではハウスとして機能しません。
中に入ってからクルッと一回りできて、伏せができて、立っても天井につかない大きさ。

そして、重要なのは中から外が見えないようにすることです。
臭覚からの情報を頼りにしている犬にとって、匂いよりも先に視覚で情報を得ると興奮に繋がります。

もし、サークルをハウスとして使っているのなら、布で覆ってあげて下さい。



もちろん、今までハウスを使ったことのない犬は入るのを嫌がることもあるし、安心な場所なんだよと教える必要はあります。
でも、一度安心感を理解してくれれば、犬も人も穏やかな生活を送れます。


安心できる『犬空間』を作ってあげて下さい♪♪




『犬空間』とドッグラン



さて、前回『犬空間』の話をしました。



今回は、ドッグランなど複数の犬達がいる場面での『犬空間』について書いてみたいと思います。


『犬空間』=『社会的距離』です。

他人に踏み込まれたくない距離感を感じた事はありませんか?

犬にも他犬に踏み込まれたくない距離感があるのです。

それが、複数の犬がいる場所での『犬空間』です。


ドッグランには、他犬と遊びたい犬もいれば、飼い主さんとのんびりして過ごしたい犬もいます。怖がりなのに連れてこられてしまって怯えている子もたまに見かけますね。


飼い主さんとのんびりして過ごしたい犬は、飼い主さんを含めた『犬空間』の中で動いています。そこに、遊ぼう遊ぼうと容赦無く知らない犬が入ってきたら……ガゥっとなっても当然ですよね?


怯えている子も『犬空間』を持っています。怖いからそれ以上入ってこないで!と言っているのに、入ってこられたら?自分を守るためにガゥっといってしまいます。


それともう一つは、『犬空間』を強く感じている犬同士のスペース争い。「お前のスペースを奪ってやる!」といった挑戦です。始めは遊びでやっていても、興奮から制御が出来なくなり、本気ガゥガゥになってしまうことも。



どの場合も飼い主さんが自分の犬の『犬空間』を理解していることで犬を守ることもできるし、他犬ともめないように回避もできます。


愛犬の『犬空間』を知る。
とても大切な事だと思います。愛犬を守るため、愛犬が他犬と穏やかに過ごせるように……意識して、観察してみませんか?


そして、どの犬も『犬空間』を広げるトレーニングは必要だと思います。
持って生まれた気質もありますが、トレーニングで『犬空間』を広げてあげれば、犬自身でストレスを溜めない術を身につけていきます。


そうなれば、犬も人もストレスを感じない穏やかな生活を送れますね♪♪



次回は『犬空間』と『安心』について。


『空間』と『犬』を考える



『犬』とゆう動物、知れば知るほど奥が深く、知らない事が多い。



私が犬を勉強していく中で1番興味を持ったのが、『犬と空間の関係』です。


なんじゃそら?な関係にみえますが、実は犬とゆう動物は『空間』をとても大切しているんです。


ドッグランなどでケンカが勃発するのは、ほとんどが『空間』の取り合い、すなわちスペース争いです。

犬が安心して居られる場所とゆうのは、その犬に合った『空間』が必要です。

犬に信頼してもらうには、『空間』を尊重する姿勢が必要です。



んんっ?
『犬』と『空間』、『犬』の『空間』、、、『犬空間』!!
どっかで似た言葉を聞いた事があるけど…それはさておき(笑)



ストレスを抱えてしまうのも、安心できるもの、信頼出来る関係を築くのもそれぞれの犬が持っている『犬空間』が深く関わっています。



それぞれの犬が持っている『犬空間』を理解してあげればいいのではないでしょうか?



それぞれの『犬空間』について詳しくはまた次回。



犬を知って尊重できる飼い主さんが増えてくれるといいなぁ♪♪




20141115001744434.jpg
ここが俺の『犬空間』(笑)


得手不得手



ラブラドールレトリバーの大和くん。


実はあまり泳ぎが得意ではありません(笑)


海に行ってもプールに行っても、水際でバチャバチャ♪♪
砂浜やプールサイドをアホみたいに走ってます^^;


要するに、犬かきができない(笑)


しかし、そんな大和の得意な泳ぎ方は……




2014111410370021b.jpg
平泳ぎ♪♪






因みに、蘭丸の特技は……





2014111410382948d.jpg
父ちゃんと一緒に調べ物♪



ロゴ



ロゴを考えています。


絵心のない私にはとっても難関!!


モデルはこの人にお願いしました♪♪


2014111211524627d.jpg




そして、できたのがこちら(笑)
2014111211541870e.jpg



モデルとは関係なくこんなのとか(笑)
201411121159016ae.jpg




センスがほしい……。


テーブルの下



大和がテーブルの下でうたた寝をしていたので、潜り込んでみました♪


201411050055472ac.jpg
母ちゃん、おいでやすぅー♪



20141105005640e53.jpg
居心地ええやろー?


20141105005805e09.jpg
バカップル(笑)




公園散歩



公園散歩にハマっています。


車で公園まで行って、目的の広場まで歩きます。
広場まで行ったらロングリードに付け替えて、トレーニングをします。


周りで子供が走っても、ボールが飛んできても、母ちゃんから目を離さないように♪♪
と、呼び戻しのトレーニングも兼ねてやりたいのですが、今の方法は大和にはちょっと不向きなのうなので、他の方法を検討中です。




今日は祝日で、家族連れで犬の散歩をしている人達が目立ちました。

大和は吠えかかりは少なくなったものの、まだまだ成功体験を増やしたい時期。
触れ合わせる犬は選んでいます。


犬に引っ張られながらやって来る方には、申し訳ないですがあからさまに逃げます(笑)

子供がリードを持ってたりすると、遊ばせたくてか寄ってきてくれるのですが、これも『怖がりの子だから近寄らせないでね』と断ります。

人に対しても、その場の主導権を私が取るんです。
大和は特に他犬と遊びたい方ではないので、こうすることによって守ってあげれますよね。


昔は、せっかく声をかけてきてくれているのに断るのが申し訳なくて、ムダに大和を興奮させてしまっていました。
そして、そうやってでも回数をこなせば慣れてきてくれるんじゃないかな?とも思っていました。


でも、これば大きな間違いなんです。
なぜでしょう?


申し訳ないな…と思う気持ちが私を弱くしていたんです。
母ちゃんが弱くなると、大和は俺がなんとかせねば!っと頼んでもいないのに(笑)張り切ってしまうんです。それが興奮に繋がり、吠えかかりの原因のひとつになっていました。
犬は繰り返せば学習するので…慣れるどころが、行動が定着してしまいます。
危ない危ない!



今の大和に必要な事は、ムリに他犬と触れ合うことではなく、どんな犬でもスルーできるようになること。
無愛想な人と思われても、自分の犬に対して、その時に必要な行動を取れる飼い主になりたいものですね♪♪



20141103181731c97.jpg
母ちゃんからボール取ったった♪♪


検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。